錦鯉の種類

ドイツ・浅黄・秋翠

[その他の品種][錦鯉の紹介へ戻る]


ドイツ <DOITSU>

ドイツ鯉とは、背筋と両腹部に一列に並んだ大きな鱗を持つ以外、全身に鱗がなく皮が露呈している鯉で、鱗で覆われた和鯉とは区別している。
ドイツ鯉は本来、食用の黒鯉として明治17年にドイツから輸入され、その後、錦鯉を交配させて観賞魚として作り上げられた。
全品種にわたりドイツ種がおり、「ドイツ大和錦」「ドイツはりわけ」など、光りものにもドイツの品種が作られ、錦鯉の品種は倍増した。

「菊水」(振興会分類:光り模様)
「ドイツ孔雀」(振興会分類:孔雀)

浅黄 <ASAGI>

頭部以外の体部が藍色や水色など青系の色に覆われ、全体に網目模様を見せる。体部の青系の色の濃度などから「紺青浅黄」「鳴海浅黄」に大別される。
錦鯉の原種であり、多くの品種は浅黄を母体として改良されたものといわれている。渋さを誇る鯉であるが、下腹の緋を「船底緋」、両頬の緋を「奴」といい、体色のブルーとの調和は、夜明け時の澄み切った青空と朝焼けの雲の赤・・・・・・まさに浅黄色である。
体に緋が多いものを「緋浅黄」という。

秋翠 <SHUSUI>

浅黄のドイツ種が秋翠である。ドイツ鯉の錦鯉化の第一号として東京で初めて作られた、いわば江戸っ子である。作出者の秋山氏の名の一字と、体部のブルー地から連想して「秋翠」と名付けられた。
体のブルーと大きな鱗の並びを鑑賞するもので、鱗の乱れや大小の不揃いがないものを良とする。また、緋は浅黄と同様に下腹の船底緋や奴緋を持つ。体部が赤く覆われたものを「緋秋翠」、緋模様が丸い形をしていて連続しているものを「花秋翠」などという。

全日本錦鯉振興会(企画)「錦鯉への招待」より


その他の品種

写りもの・べっ甲・衣

五色・光り無地・光り写り

光り模様・丹頂・金銀鱗

孔雀・九紋竜・その他の品種

錦鯉の種類(紅白・大正三色・昭和三色)