錦鯉の種類

光り模様・丹頂・金銀鱗

[その他の品種][錦鯉の紹介へ戻る]


光り模様 <HIKARIMOYO>

前掲の光り無地、光り写り以外の鯉で、全身が光り輝き、模様を持つ鯉の総称である。写り墨を持つ鯉は光り模様の範囲に入らない。
主な品種として紅白に光りを持つ「桜黄金」、金と銀の模様を見せる「はりわけ」、大正三色の光りものとして「大和錦」などがある。
一方、現在では各品種にドイツ鯉との交配から生まれたドイツ種も加わり、「菊水」「ドイツはりわけ」など華やかなものとなっている。

丹頂 <TANCHO>

赤く丸い緋斑が頭部に一個だけあるもの。丹頂鶴から名が来ている。日本の国旗にも通ずるものがあって人気がある。
各品種の頭部に丸く赤い緋を有する鯉を丹頂と呼んでいる。したがって緋盤を持つ全品種に丹頂があると考えてよい。全身が白いものは紅白の丹頂で、通常「丹頂」と言うとこれを指す。大正三色のものは「丹頂三色」、以下「丹頂昭和」、「丹頂五色」などバラエティーに富む。

金銀鱗 <KINGINRIN>

鱗の部分だけが光る改良がなされ、金色あるいは銀色に輝くものをいう。金銀鱗は全品種に存在し、「銀鱗紅白」「銀鱗三色」「銀鱗べっ甲」など多種多彩である。
光った鱗は、緋盤に乗ると金色、白地では銀色に輝くが、「銀鱗」と総して呼ばれている。光りものと並ぶ錦鯉の華やかさを代表する品種である。
光りの強いものを「ダイヤ銀鱗」というが、光り方によって銀鱗も幾つかに分類されている。

「銀鱗オレンジ黄金」(振興会分類:光り無地)
「銀鱗張りわけ」(振興会分類:光り模様)
「銀鱗大正三色」(振興会分類:A銀鱗)

全日本錦鯉振興会(企画)「錦鯉への招待」より


その他の品種

写りもの・べっ甲・衣

五色・光り無地・光り写り

ドイツ・浅黄・秋翠

孔雀・九紋竜・その他の品種

錦鯉の種類(紅白・大正三色・昭和三色)