錦鯉の種類

五色・光り無地・光り写り

[その他の品種][錦鯉の紹介へ戻る]


五色 <GOSHIKI>

以前は浅黄と大正三色の交配によって作られたために、大正三色の白・赤・黒と浅黄 の青・濃紺の五つの色に名前の由来があったが、最近では五つの色に関係なく、白地に浅黄地を有し、なおかつ緋盤を持つ鯉のことを五色というようになっている。
地体が浅黄地で紅白の緋を持つものを「五色」、以前のような大正三色の墨を有するものを「五色三色」などという。
五色と衣は似ているが、地体が浅黄地のものを「五色」、白地のものは「衣」と判別する。

光り無地 <HIKARIMUJI>

全身に金属光沢を持つ単色の鯉の総称。地体の色調によって「山吹黄金」「プラチナ黄金」「オレンジ黄金」などがある。他に「ねず黄金」や黄色が渋く光る「昔黄金」などもある。
光り無地が完成して、錦鯉は絢爛豪華なものとなり、錦鯉という名称が確立した。また、様々な品種のベースとして使われ、新品種が次々と生み出された。
光り無地には他にも、鱗が黒っぽく光る「松葉系」があり、「金松葉」「銀松葉」「赤松葉黄金」なども含まれる。

「ドイツプラチナ」(振興会分類:光り無地)
「プラチナ」(振興会分類:光り無地)

光り写り <HIKARIUTSURI>

写り墨を持つ品種に、光り無地を交配したもので全身の光りの中に墨のタッチを見せるものである。「光り写り」とは品種名ではなく総称である。昭和三色の全身が光ったものは「金昭和」、白写りの光りものは「銀白写り」、黄写りや緋写りの光りものを「金黄写り」と、それぞれの品種名がある。
現在のところ、以上の三品種が光り写りの代表的な鯉である。全身の光沢度が高く、模様のはっきりしたものが優秀品とされる。

全日本錦鯉振興会(企画)「錦鯉への招待」より


その他の品種

写りもの・べっ甲・衣

光り模様・丹頂・金銀鱗

ドイツ・浅黄・秋翠

孔雀・九紋竜・その他の品種

錦鯉の種類(紅白・大正三色・昭和三色)