錦鯉の種類

写りもの・べっ甲・衣

[その他の品種] [錦鯉の紹介へ戻る]


写りもの(UTSURIMONO)

白い肌に赤い模様が入ったもの、赤以外の色は一切持っていない。 昭和三色と同様に「写り墨」を有した品種である。
写りものには、白を見せる「白写り」、赤の鮮やかな「緋写り」、黄色をベースにする「黄写り」がある。 いずれも地体が単色で、連続した形状の写り墨を持つ。
白写りは衝撃的なタッチ、緋写りは引き込まれる魅力、黄写りは淡々とした味わいを持つ。本来は全く別な品種であるが、 墨に共通性があるために「写りもの」として一つのグループにまとめられている。

べっ甲(BEKKO)

単色の地体に、まとまった点状の墨を持つ。地体の色で「白べっ甲」、「赤べっ甲」「黄べっ甲」の三種類がある。 べっ甲とは櫛やメガネフレームに使用された鼈甲の模様に似ていることから名付けられた。別甲とも書く。
「写りもの」と「べっ甲」の違いは、前者の地体が黒、後者は白地がベースとなる点である。 それは大正三色を昭和三色の墨の違いでもあり、白写りに緋盤を乗せれば昭和三色、白べっ甲に緋盤を付ければ大正三色となる。 べっ甲は、シンプルな味わいと華麗さをもつ鯉である。

衣(KOROMO)

紅白からの改良品種で、緋盤の鱗の先端が半月状に藍また黒く染まったもの。鱗の染め方から衣という。 紅白の緋盤を基調に渋さを魅せる品種である。衣の色から大別して「藍衣」と「墨衣」に分類されるが、現在では藍衣が主流となっている。
その後の品種改良により、大正三色の緋盤に藍地が入った「衣三色」、同様に昭和三色に藍地が入った「衣昭和」などがある。
また、衣が半月状ではなく、緋と重なって二色混合の色彩を見せる「葡萄衣」もあり、衣は人気品種の一端になっている。

全日本錦鯉振興会(企画)「錦鯉への招待」より

その他の品種

五色・光り無地・光り写り

光り模様・丹頂・金銀鱗

ドイツ・浅黄・秋翠

孔雀・九紋竜・その他の品種

錦鯉の種類(紅白・大正三色・昭和三色)